トップページ > おまとめローンの基礎講座 > 利息はこれだけ変わる!

利息はこれだけ変わる!

利息はこれだけ変わる!

おまとめローンを利用するのメリットとして、
利息をおさえることで返済総額を圧縮することができることです!

そしてそのためのポイントとなるのが借り入れ先の実質年率です。

ではこの実質年率が変わることで、
どれだけ利息が変わってくるのか?検証してみましょう!


借入金額100万円で実質年率18%→実質年率14.5%でおまとめした場合

実質年率18%の場合

利息=1,000,000×18%÷365×30=14,795円
借入金額
1,000,000円
利息
14,795円

実質年率14.5%の場合

利息=1,000,000×14.5%÷365×30=11,198円
借入金額
1,000,000円
利息
11,198円
3,597円
軽減!

借入金額100万円で実質年率18%→実質年率10.0%でおまとめした場合

実質年率18%の場合

利息=1,000,000×18%÷365×30=14,795円
借入金額
1,000,000円
利息
14,795円

実質年率10.0%の場合

利息=1,000,000×10.0%÷365×30=8,219円
借入金額
1,000,000円
利息
8,219円
6,576円
軽減!

借入金額100万円で実質年率18%→実質年率3.0%でおまとめした場合

実質年率18%の場合

利息=1,000,000×18%÷365×30=14,795円
借入金額
1,000,000円
利息
14,795円

実質年率3.0%の場合

利息=1,000,000×3.0%÷365×30=2,466円
借入金額
1,000,000円
利息
2,466円
12,329円
軽減!

いかかでしたでしょうか?

実質年率が変わるだけで利息に大きな差が生じることが見て取れますよね!

であれば!できるだけ実質年率が低いところで、
おまとめローンをすればいいじゃないか!ということになるわけですが、
実質年率の決定は審査次第なんですね、、(汗)

「俺は実質年率3%でおまとめしたい!!」

そう思っていても、思うようにはならないのが難しいところなんです(苦笑)

ただ消費者金融系業者でおまとめローンをするよりは、
銀行のおまとめローンを利用した方が基本的な実質年率が低いので、
少しでも実質年率が低いところでおまとめローンをする確率をあげたい方は、
審査は厳しめですが銀行のおまとめローンを選ぶ方がよいでしょうね。

ページ先頭へ戻る