トップページ > おまとめローンの基礎講座 > 審査に落ちる理由ってなに?

審査に落ちる理由ってなに?

審査に落ちる理由ってなに?

おまとめローンに申し込んでも、
必ずおまとめローンを利用できるわけではありません、、

必ず借り入れのための「審査」を通過しなければなりません!

この借り入れの「審査」ですが、通過できない=落ちる理由は何なのか?
その理由についていくつか紹介しておこうと思います。


ブラックリストに載ってしまうとアウト

銀行や消費者金融が善意でお金を貸してくれるわけではありません。

お金を借りようとしている人が、
貸し付けた分と利息をきちんと返してくれる人かどうかの審査があります。

安定した収入があるかどうか、継続的に収入があるかどうかはもちろんのこと、
日々節約して真面目に返そうとしてくれる人かどうかなど、
ひととなりも審査に関係してくると言われています。

まぁ簡単に言うと返済能力があるかどうかなのですが、
過去に別の業者への返済が滞っていたとか、極端なところでいうと、
自己破産などの法的な処理が行われた人などは、いわゆる「ブラックリスト」にリストアップされていますので、
いきなりすべてのローンを一本化するのは厳しいでしょう。

借り入れ件数が多いのは意外とマイナスです

ローンを一本化して月々の返済額を減らしたい、返済期間を短くしたいと考えている人は、
当たり前のことですが、別々の業者から借り入れているわけです。

2つの業者から50万円ずつ合計100万円借りているAさんと、
6つの業者から10万円ずつ合計60万円借りているBさんとではローンの一本化において、
Aさんの方が信用度が高くなることがあります。

借り入れている業者の数や、借り入れ金額の合計などはあくまでも例ですが、
借金の金額がAさんの方が多額にもかかわらず、Aさんの方が信頼できるというのは、
2つの業者からそれなりに信用されて50万円借りれたと判断されるわけです。

一方Bさんが10万円しか借りることができなかったのは、
収入面で不安定なのか、ギャンブル好きと判断されたのか、いずれにしても、
他の業者からあまり信用されていないという目安になってしまいますので不利になることもあります。

ページ先頭へ戻る